深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の代行について

深夜営業許可とも言われることもある深夜酒類提供飲食店営業届出は、風俗営業許可申請と同等レベルの書類や図面の提出を求められます。深夜営業をするために必要となる届出ですが、オーナー様ご自身が書類、図面作成をして届出をするのは時間がとてもかかる作業となります。

  • 深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を出したいけど、届出の手続きがよくわからない
  • 場所的要件の確認・調査、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書類や図面作成をしている時間がない
  • スムーズに深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を出してバーや居酒屋を開業したい

バーや居酒屋の開店準備に忙しくて、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の提出を思い立ってもなかなか手続きが進められないというオーナー様のために、東京の深夜営業届出手続きに詳しい行政書士が要件確認や書類収集・図面作成、所轄警察署への申請を代行させていただくプランです。

サービスに含まれる内容

 

  • 深夜酒類提供飲食店営業開始の届出に関する事前相談
  • 深夜酒類提供飲食店営業開始届出書類の作成や書類収集
  • 営業所内の計測と図面の作成
  • 所轄警察署への深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の提出

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届出代行 基本業務報酬(税別)

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届代行 営業所面積15坪未満 ¥100,000
営業所面積による加算 5坪毎 ¥10,000
飲食店営業許可申請(同時にご依頼の場合) ¥20,000

※収集する書類の取得に必要となる実費は含まれておりません。
※飲食店営業許可申請は通常報酬30,000円(税別)。深夜酒類提供飲食店営業開始届出と同時にご依頼頂いた場合、飲食店営業許可申請報酬20,000円(税別)となります。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書 手数料

 

申請手数料(警察署) ¥0
申請手数料(保健所) ¥18,300

※深夜酒類提供飲食店営業開始届について、警察署への手数料はありません。
※申請手数料は、業務報酬と合算して事前にお預かりさせていただきます。
※飲食店営業許可の申請手数料は、所轄保健所によって変動します。

¥16,000~¥18,330

 

【参考例】深夜酒類提供飲食店営業開始届出にかかる費用の総額

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届出に必要な費用は、上記の業務報酬と保健所へ納付する手数料の合算です。さらに住民票や建物謄本の取得費用も実費として発生します。

「深夜酒類提供飲食店営業開始届出をするには最終的にいくらくらい必要になるの?」というご質問も多くありますので、参考例を記載します。

※ご依頼いただく内容や条件等により費用総額が変動する場合があります。

 

営業者様が1人で深夜酒類提供飲食店営業開始届出をする場合の概算費用(税抜き)

 

営業所面積は14坪で飲食店営業許可も同時にご依頼頂いた場合を想定しています。

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書新規申請 ¥100,000
飲食店営業許可申請 ¥20,000
申請手数料(保健所) ¥18,300
建物謄本取得費 ¥600
ゼンリン地図購入費 ¥300
総額 ¥139,200

 

お客様に行って頂くこと

本プランは、届出手続きのほとんどを行政書士が代行・サポートさせていただくものですが、以下の部分的な作業のみ、ご依頼者様に行っていただく必要がございます。

  • 委任状等への簡単な記入と押印
  • 誓約書へのご記名と押印
  • 営業所が賃貸の場合は、賃貸借契約書のコピーをご用意ください。
  • 住民票(本籍地記載のもの)を1通ご用意ください。
  • 店舗で提供するサービスの料金表やメニュー表のご検討

 

深夜酒類提供飲食店営業届出をする前にオーナー様に今一度確認いただきたいこと

深夜酒類提供飲食店営業届出では、キャバクラのような接待行為をすることができません。いわゆるガールバーを深夜酒類提供飲食店営業届出のみで開業したいとご相談いただくことが多くありますが、当事務所で営業形態についてヒヤリングをさせていただき、風俗営業許可1号営業(社交飲食店)の申請をご提案させていただくことがあります。

キャバクラ許可に関するご質問やご依頼はこちら

東京のキャバクラ許可申請に詳しい行政書士が、直接に対応いたします。

電話番号:
  • メールは24時間承っておりますが、返信に2~3営業日ほど頂く場合がございます。お急ぎの方はお電話でご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る