【キャバクラ】風俗営業許可申請書の書き方【東京都の場合】

風俗営業許可申請書の書き方を解説します。

個人名義でキャバクラやスナックといった風俗営業許可1号営業(社交飲食店)を申請する際のサンプルも掲載するので参考にしてください。

なお、東京都公安委員会へ申請する場合を想定しています。

 

【キャバクラ】風俗営業許可申請書の書き方【東京都の場合】

一般的な風俗営業許可申請書の書き方となります。

一部の警察署ではローカルルールが適用されている場合もありますので、事前に生活安全課保安係に問い合わせしてから申請書を作成しましょう。

日付については、申請書を提出して受理された際に警察署で書き込みますので未記入とします。

 

申請者の氏名又は名称及び住所

申請者の氏名と住所を記載します。

取得した住民票に記載されている通りに記入します。

 

氏名又は名称

申請者の氏名を記載します。

取得した住民票に記載されている通りに記入します。

特に旧字体の場合は注意が必要です。

 

住所

申請者の住所を記載します。

取得した住民票に記載されている通りに記入します。

数字は算用数字で記入してください。

また携帯電話番号等の連絡先も記入します。

 

営業所の名称

キャバクラやスナックの店名を記入します。

 

営業所の所在地

賃貸借契約書に記載されている営業所の所在地を記入します。

数字は算用数字で記入してください。

ちなみに飲食店営業許可申請の際も同じ要領で申請してください。

 

管理者の氏名

申請者の氏名を記載します。

取得した住民票に記載されている通りに記入します。

特に旧字体の場合は注意が必要です。

管理者は申請者が兼務しても構いません。その場合でも省略せずに記入してください。

 

管理者の住所

管理者の住所を記載します。

取得した住民票に記載されている通りに記入します。

数字は算用数字で記入してください。

また携帯電話番号等の連絡先も記入します。

 

建物の構造

取得した建物謄本に記載されている通りに記入します。

 

建物内の営業所の位置

例えば地上4階の401号室が営業所だった場合、「地上4階の一部」と記入します。

地上4階の1フロア全てが営業所の場合は、「地上4階の全て」となります。

 

客室数

営業所内の客室の数を記入します。

 

営業所の床面積

営業所全体の面積を記入します。

単位は㎡で小数点第二位まで表記してください。

 

客室の総床面積

全客室の総床面積を記入します。

 

各客室の床面積

各客室の床面積を個別に記入します。

1室だけの場合はサンプルのように記入します。

のように「以下余白」と記入することも忘れないように注意してください。

 

防音設備

天井、壁、床、ドアについて営業所内を確認して記入します。

キャバクラ許可に関するご質問やご依頼はこちら

東京のキャバクラ許可申請に詳しい行政書士が、直接に対応いたします。

電話番号:
  • メールは24時間承っておりますが、返信に2~3営業日ほど頂く場合がございます。お急ぎの方はお電話でご相談ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る